【DQMSL】2年ぶりのモンスターボックスを開いてみた!

dqmsl

時が流れるとともに、世はうつろいゆくものですが、DQMSLも例外ではなく、盛者必衰の理に従い、様々なモンスターが頂点を極め、そして没落してゆきました。そんな流れの激しい、DQMSL、モンスターのうつろいをみていきます!

みなさんこんにちは!みあです!
最後にみたのはいつだったか、今から2年前の5月中旬ぐらいに、キッパリゲームするのも、ブログ書くのも辞めちゃっていたので、2年前の化石ボックスですが、そんな化石を眺めるのも時には楽しいもの。順序見ていきます!

ずらり!今は初期に比べて、はるかに福引きが緩くなっていると思いますし、新しい強いモンスターたちも追加され、様相は全然違うと思いますが、これ、DQMSL始まってから4年ぐらいまでの蓄積されたモンスターたちです。最初の3年ぐらいで累計300万円ぐらい使っていたと思います。月10万円行かないぐらいの課金額だと、常駐モンスターたちは集まるのですが、神獣や系統王など、期間限定系がほとんど集まらかったので、常駐モンスターメインです。

常駐の魔王たちは大体星4ー44ぐらいにはなっておりました。

ゴールデンスライムが好きだったのでよくスライムPTを組んでいましたが、難しかったですね。当時の、ザオリクをつけるモンスターランキングNO1のモンスターで、そのためか、ゴールデンスライムの特技枠が1になっていました。ゴルスラは結構早い時期に登場したので、Aスタートだったのも良かった。途中からAスタートモンスターは廃止され、BスタートorSスタートになっちゃいましたからね。

デンガー。みんぼうが始まった頃、みんぼうエースって言われていた時代もあったのですよ。自分で回復できて、非常に使い勝手が良かったのですが、だんだん火力ゲーになってきて、全体ドカーンメインになるに従いいなくなってゆきました。

ドラゴンガイア。初期の闘技場は、魔王を並べて倒すゲームだったのですが、その魔王PTのなかに割って入る強さがあったのがドラゴンガイアとキングヒドラ。キングヒドラはHPアップのリーダー特性狙いで、ドラゴンガイアは最速はげしい雄叫び兼アタッカーで。ドラゴンガイアが登場した時、行動封じ耐性のあるモンスターっていなかったので、はげしいおたけび先に使った方が勝ちのゲームでした。

Aスタートドラゴンたち。グランシーザー、と言うよりその前のブラックドラゴンは、闘技場始まった頃の最強モンスターでしたが、流石にそれ以後表舞台に立つことはありませんでした。最初期の闘技場って、ブレスゲーだったんですよ。今とは違う耐性システムで、ガバガバ耐性でした。

永遠の巨竜。誰でも手に入るモンスターであるのにも関わらず、その強さから闘技場禁止指名受けていましたね。デビルドラグナーはこれまた討伐用として活躍していたように思います。

さそりにデスアラウネ。さそりはかなり冷遇されていたと思います。ずっと不遇で、やっといきなりフバーハを手に入れたと思いきや、いきなり追い風と言う上位互換系モンスターが現れるのも早かった。耐性的にもちょっとキツかった印象があります。

レティス。これはもう語り尽くせないぐらい登場初期から優遇され続け、新生転生でも優遇されていたすごいモンスターです。しかもこれ、常駐福引きで出る上、5枚重ねなくても十分強いので、無課金プレイヤーでも活躍させやすいモンスターでした。引換券のターゲットナンバー1です。

魔獣が大活躍していた時代もありました。まだ、マインド耐性を持っているモンスターが少なかったので、最速でマインドにひっかけて相手が動く前に倒してしまいます。この後魔王バリアをもつ魔王が増えてゆき、マインドの優位性が消え、盛者必衰の理に従うこととなりました。

いきなり2兄弟。活躍時期は大きく異なりますが、初手2倍なので、決まれば勝ちでしたね。

竜王は最初の魔王だけあり、また最初の新生魔王でもあったので、時代の節目で活躍しておりました。が、他の魔王が登場するに従い、徐々にレギュラーから落ちていく上がったり落ちたりのはげしいモンスターでしたね。ここ2年の間に特技がさらに強化されているみたいで、神速メラガイアー。メラガイアーを3発ってことなのかな?すごいけど、メラ属性はzzz

シドーとハーゴン。ハーゴンは1回目の魔王強化アプデで一気に化けちゃいましたね。シドーは、よく使ってました。破壊神の叫び、決まると楽しいですからね。今はカウントダウンも追加されたみたいなので、防御型魔王がさらに極まれりと言ったところでしょうか。このゲーム、計算式の関係で防御力が高いモンスターは他のパラメータが低くなりますが、攻撃力の半分の影響しか及ぼさないのでかなり不利なんですよね。

大人気魔王は優遇される傾向にあります。その中でもずっと優遇され続けてきたモンスターがこの2種。ゾーマさんとダークドレアムさん。これはもうベストセラーの如く、ずっと優遇です。ちょっと見なくなったらすぐ強化!どちらも闘技場だけでなく、討伐でも起点となるモンスターでありました。

インヘーラーは、DQMSL最初の外伝魔王で、オムドレクスは、DQMSLオリジナル魔王です。どちらもナンバリングではないだけあり、正統派本編魔王とは違った特色のある魔王でした。

バーン様。頑張って集めたなー。。実際強さはと言うと、、、ちょっと癖が強かったですね。ダイの大冒険が今年リニューアルされてアニメ化されると言うことで、それに合わせてDQMSLでも大きな変化が訪れると思います。多分、超魔王で登場するんじゃないかなー!

と言った具合で、DQMSL、2年ぶりのモンスターボックスでした。今これらのモンスターを使って突撃するとどうなるのでしょうかね。蜂の巣になるのかそれとも!!?