【DQMSL】素早さ+10%アップリーダーまとめ!バージョン2017年8月!!

まおうのかげ

ここで素早さ+10%アップリ−ダーをおさらいしましょう!!!

ランクB

お祭りホイミン

Bランク素早さ+10%はお祭りホイミンだけ!そもそも戦力として登場したモンスターではなくイベント記念モンスターとして配布されたため、戦力として全く期待できないが、素早さ+10%アップの恩恵をウェイト6で得ることができる恐るべきモンスター。

ランクA

ドラン

ランクAすばやさ+10%アップリーダー。HPが400台と極端に低く、本人のすばやさは341と高くないので、基本的に動く前にやられるモンスターと言える。ただし、ランクAなのにギガデインや白く輝く光を使用できるなど、火力としては恐ろしいものがあるため、保護モンスターを駆使して運用することで恐るべき力を発揮する。白く輝く光が通る相手なら保護、通らないなら囮ぐらいの勢いでも十分活躍できるだろう。

お祝いホイミンシリーズ

3周年、2周年などいろいろあるが素早さが上がる。とはいえ、通常はウェイトがさらに低い、お祭りホイミンか、ウェイト同じでそこそこ戦闘力のあるドランを選ぶことになる。

スカルナイト

素早さ+8%しか上がらないが、ウェイトが8と低く、亡者の執念、みがわりまでできるため重宝する。ハーゴンの騎士ではウェイトが足りない時に。

討伐S

やつざきアニマル

討伐Sランクすばやさ+10%アップリーダー。ウェイトを14も消費する割にはげしいきりさきと、やいばくだきと攻撃性にかける。それならばドランを使うか、ウェイト18リーダーを使う方が活躍の場が広いだろう。

ゲレゲレ

討伐Sランクすばやさ+10%アップリーダー。やつざきアニマルとすばやさが400台のため、活躍が期待できる。と言いたいのだが、肝心の攻撃手段がひっかきのあらしと使い勝手がいいとは言えないもののためさすがに難しいか。同じく魔獣にはウェイト14でヴェーラという恐るべきリーダーが存在するのも、出番を少なくしている要因である。

ハーゴンのきし

今最前線の討伐S産素早さアップリーダー。素早さをあげるだけでなく、みがわり、亡者の執念と飛び抜けた利便性を誇る。基本的に討伐Sランクモンスターはこのハーゴンのきしより使い勝手が良いかで決まると言っていい。

ゼルドラド

最近新生したゼルドラド。覇道の閃撃で毒相手に大ダメージはいいけど、それだったらハーゴンのきしのナイトメアソードのほうがいいよね。

モーグリ

みんなに配布された素早さアップリーダー。この手の配布系モンスターは、ブラス、ゴメちゃん、ゾーマズデビルなどがあるが、基本、初心者が初めてプレイした時に活躍するモンスターで、それ以後はなかなか難しいスペックである。

ファンキーバード

太古のむか〜し、闘技場でもたま〜に見かけたモンスター。

聖海竜リバイアさま

白く輝く光にメイルストロムとかなり優秀な部類なのでハーゴンのきしの次に活躍する討伐Sモンス。ちらほら見るハーゴンの騎士に続く人気の素早さ+10%アップ討伐Sモンスター。

関連記事:リバイア様詳細考察まとめ

ランクS

まおうのかげ

今最前線のランクS素早さアップリーダー。マホターンに体技封じの息と隙がない新生特技。さらにマヒャドも覚えさせることができるので攻撃もできる。呪文全盛の時代に活躍するモンスター。

ジャミラス

バギクロス、しゃくねつなど使え、ときどきおいかぜまで備えた強力なランクS素早さアップリーダー。と言いたいのだが、ランクSはライバルモンスターが非常に優秀のため、ジャミラスが活躍することはなかなか難しい。

かつて福引登場時のジャミラスの嵐が懐かしいものだ。

ソードフライヤー

ぎゃくふう持ち素早さアップリーダー。その性質上、ブレスの時代がくると比例して強くなることとなる。しかし現在はどちらかというと呪文の時代。インヘーラーやアギロゴスで埋め尽くされる時代に期待されたい。

ファンキードラゴ

体技封じの息としっぽビンタを新生により覚えた。しかし悲しきことかな、体技封じの息はまおうのかげとかぶるのでそれだけでは優位性にならない。しっぽビンタはブレスPTに投入するなら強力だが、同じまおうのかげのマホターンを出し抜いて使うとなるとかなり勇気がいる。呪文対策を他でする必要があるからだ。

潮風のディーバ

Sランクすばやさプラス10%アップリーダー。すばやさが254とすばやさ系リーダーの中でダントツですばやさが遅い。しかしながら潮風のララバイは非常に強力であり、天使の歌声で復活させることもできる。すばやさアップリーダーではあるが長期戦向けのリーダーとなかなか珍しいモンスターであり、リーダー以外でも運用することが多々あるのが特徴だ。ディーバ以外のモンスターは早くてもディーバだけは確実に後手になるので速攻で勝負を決めに行くPTを組むためのリーダーとしては向かない。また、ときどきピオラがあるため突然先手を取れるようになったりするのも面白い。

・・・だったが、さすがに古くなってきている。根強い人気のあるモンスターなので、新生に期待されたい。

ダブルバングル

攻撃手段がよろいくだきと黒く輝く闇と二つあり、すばやさも411と非常に早い素早さアップリーダー。強力ではあるが、現環境ではマホターンを覚えている、それだけでゾーマに対してプレッシャーになるので、まおうのかげが優先される。

凶スターキメラ

ベギラゴンに高熱ガス、時々マホカンタ・・・。うーん・・・。見たことない><;;

ゴルゴンゾーラ

大会で、神々プレイヤーたちが使用していたタップダンス付き素早さアップリーダー。斬撃、物理攻撃が多い世界なら活躍するだろう。ぎゃくふうもあるため、ブレスPTにプレッシャーをかけることができるのもポイント。あとは呪文や体技にどう対処するかだ。ある意味裏まおうのかげとも言える。

タイムマスター

ピオリーマ。他のステータスは特に高くないため、それだけのために投入される。つまりピオリーマPT専用ということだ!サイコキャノンあたりを覚えさせてドーピングしよう。

夏色プチットガールズ

エビルトレントと同じような性能の、回復役だが、リーダー特性が異なる。HPアップではなく素早さをあげたい場合に。新生により時々バーハが着いたのでより一層やられづらくなった。期間限定なので入手は難しいが一定の人気を誇る。

じめじめバブル

みたことなす。。。

ブルファング

実は超初期から存在する、ランクS初めての素早さアップリーダー。次にランクS素早さアップリーダーが登場するのはまおうのかげまで待つこととなった。

 凶アンドレアル

ぎゃくふうがあり、すばやさも416と高いので安定したブレス反射を行うことができる。ハザードブレスがあるのでマ素PTを組む場合に有効だが、それ以外ではソードフライヤーやゴルゴンゾーラなど、他のぎゃくふうモンスターを使う方が良いだろう。

ということですばやさアップリーダーでした!

以前書いたのは6月でしたが、たった2ヶ月の間に3匹ぐらい新生したり追加されているので、ものすごい勢いで素早さ+10%環境が変わっていきますね!また2ヶ月後ぐらいに見たらどれぐらい変わるのか!!!?

話題の最新作シノアリスを全速力で攻略中


コメント

  • 1: さすらうスーパーライター 2017/08/20 12:34:18 ID:54e0e7e86 返信

  • 2: さすらうスーパーライター 2017/08/20 12:58:58 ID:3c8474830 返信

    ありがとう!
    以外と忘れてるやつ多かったんで参考になった。
    けど、ミクのことらだから、抜けてるやつ、間違いとかあるんだろうなー。

  • 3: さすらうスーパーライター 2017/08/20 13:33:53 ID:f96d6d8ed 返信

    自、演乙

  • 4: さすらうスーパーライター 2017/08/20 23:03:06 ID:912f34c9b 返信

    日本語読み返せよカス

  • 5: さすらうスーパーライター 2017/08/21 08:15:53 ID:0f426f21a 返信

    2
    過去のコピペ記事だからそれぞれの内容が古くて全く役に立たないクソ記事だよ

    ソードフライヤーの「しかし現在はどちらかというと呪文の時代。インヘーラーやアギロゴスで埋め尽くされる時代に期待されたい。」
    これとかアホ丸出し