【DQMSL】自動マホカンタ持ちモンスターまとめ!

エビルプリースト

エビルプリーストが追加され随分と、自動マホカンタ持ちが増えたように思えます。

そこで今回は、自動でマホカンタを獲得しているモンスターをまとめてみました!!

まれにマホカンタ

今のところいません。”まれに”は10%で発動すると言われているが、まれに発動されてもあんまり意味がないです。

ときどきマホカンタ

発動確率20%と言われる”ときどき”マホカンタ。戦闘開始時以外にも、ターンの開始に発動する。

ボボンガー

闘技場では、ライバルモンスターのエビルトレントが優秀なのでほとんど見ることがないモンスター。せかいじゅの葉の差は大きすぎる。ときどき、マホカンタが発動しても焼け石に水なので基本的には長期戦向けの討伐用モンスターと言える。

ダークアラストル

リーグ戦で敵として出てきて、ときどきマホカンタが発動すると厄介なモンスターだが、自分自身で使うのはなかなか難しい。斬撃アップリーダーであり、メタルむそうもあるので、ダンジョン周回、メタルダンジョンには活躍するが、討伐などではカンダタのほうがHPが上がって安定することが多い。

いきなりマホカンタ

戦闘開始時に必ずマホカンタが発動する。しかしながら最初に発動した以後、マホカンタが発動することはない。

エビルプリースト

いきなりマホカンタ以外にも進化の秘宝を持ち、体技よそくまである強力なモンスターであるが、いかんせんいてつく波動に弱い。ウェイト戦ではウェイトの関係上扱うのが難しく、使うなら無制限となるが、その場合エスターク率が溢れているので折角のアドバンテージをあっという間にかき消されるのである。今後のいてつく波動対策手段に期待といったところか。また、特性の性質上みんぼうなど、短期決戦には強いが、長期戦になる難関討伐には向かない。

つねにマホカンタ

常時マホカンタがかかったままのモンスター。常時なのでいてつくはどうで消されることもない。

メカバーン

通称ポンコツ。リーグ戦で敵として出てきた場合、厄介極まりないモンスターである。

ミルドラース

人型のミルドラース。ギラグレイド、イオナズンと呪文に依存しているため、呪文封鎖に弱い。そして、秘めたる力もあるため討伐の長期戦には強い・・・、と言いたいが燃費が悪いので、長期戦向きではない。呪文の有効なみんぼうで大活躍するモンスターである。すばやさが遅いので闘技場向きではない。

大魔王ミルドラース

化け物のミルドラース。こちらはそこそこすばやさが高く、状態異常3ターン無効を持つので闘技場向けである。ギラグレイドはないので呪文能力は人型に劣るが、煉獄火炎、極大魔瘴弾と、呪文以外の特技に優れ、呪文、ブレス、体技と全方向から攻めることができる強力なモンスター。そのため、つねにマホカンタの効用が大きく、これ1匹入れるだけで呪文PTを抑えることができる。

空前絶後のヒット作ポケモンGOを全速力で攻略中




コメント

  1. 1: 伝説のスーパーライター 2016/05/17 22:34:44 ID:115d2e68c

    アラストルは斬撃アップリーダーじゃないんですけど

  2. 2: 伝説のスーパーライター 2016/05/17 22:46:59 ID:69ff21219

    アラストルは攻撃アップやね

  3. 3: 伝説のスーパーライター 2016/05/18 00:13:01 ID:56da517fb

    しかしこれくらい脳みそ使わない記事がみあにはお似合いだな

  4. 4: 伝説のスーパーライター 2016/05/18 00:25:31 ID:2c279608a

    まほかん持ちまとめとか記事にする意味ねーでしょ?
    3の言う通りこの程度がお似合い

  5. 5: 伝説のスーパーライター 2016/05/18 00:33:33 ID:dcfb3d130

    通称ポンコツ…聞いたことねーけど、イラっとするなぁこのコリアンブタは

  6. 6: 伝説のスーパーライター 2016/05/18 13:10:44 ID:42e315592

    ミルドラースの呪文封じられると…って
    そんなモンスター掃いて捨てる程いますよね?
    同様にブレスモンスターも評価する価値無いって事ですか?
    闘技場にマホターンや逆風持ちを常に入れる程
    余裕ある人は居ないと考えます。
    また、斬撃一辺倒のモンスターもソドクラで同様に終わるのでは?

    デブドラースの全方向も意味不明。斬撃無いし…

  7. 7: 伝説のスーパーライター 2016/05/20 18:40:52 ID:b43b9b3fa

    よう儲かってますなクソテョンがwww
    はやく祖国(笑)に戻れ