【DQMSL】陥りがちのPT構成!敗因を作るPTの作り方!Ver.4月8日

image

image

キングレオ、バルザックの普及で、誰でも強力なPTを作れる時代がやってきました!
誰でも強くなる半面、組み方を間違え勿体ないと思うPTが散見されております!
今回は、そんな組んでしまうと負けを作ってしまうPTの作り方を説明したいと思います!

呪文専門2以上

りゅうおうやワイトキング、ベリアルを筆頭にした呪文専門モンスター、暴走するだけで1匹倒してしまうことのあるその賢さは圧巻ですが、せいじゃくの光で呪文を封じられたり、マホカンタを張られるだけで動けなくなってしまうもろ刃の刃です。

呪専モンスは1匹までにしましょう!

死神の騎士とか聖竜ミラクレアのようなモンスターは呪文が封じられても2回攻撃したり強いので、これには該当しません!

イオラに頼らない

呪文の中でも格別に強く、死神の騎士が唱えられるため使用頻度が非常に高いイオラ、しかしその高威力の反面、耐性を持ったモンスターが非常に多く、なかなかダメージが通りません!

強いPTは、イオラが効かないところから始まると言って過言ではないので頼らないようにしましょう!

逆にイオラを使わなすぎるのも問題で、耐性が多いからと言って完全に0にするよりは、1匹ぐらいは隠し持っておいた方が良い事が多いです。イオラがあると思っただけで、相手はマホカンタで1手使いますし、逆に呪文が来ないと思ったらマホカンタを張らないので、隙を見てイオラ!

なるべく同じモンスターはいれない

同じモンスターは同じ耐性ということで、思わぬところでまとめて弱点を突かれてしまいます!同じモンスターを沢山入れることはあんまり好ましくないです。

とはいえ、現行ブラックドラゴン5匹が最強だとか、デスピサロは入れれるだけ入れた方が良いとかそういう話もありますが・・・。

ゲーム哲学的な話になりますが、同じモンスター5匹が最強なんて言う状況は、ゲームとしても魅力がありませんし、ユーザーからしても面白くないと感じるので、近い将来には必ず対策されます。

そのため、最強PTを作るために無理してあつめ、同じモンスターを並べても、環境の変化ですぐに弱くなってしまいます。

サブウェポンがない

最後の方まで生き残ることの多いモンスターには、1VS1用の隠し特技を覚えさせるとよいでしょう。

グラーゴンのべホイミを筆頭に、思わぬモンスターがべホイミ、ドルクマ、ライデイン、ザオラルあたりを覚えているとひっくり返ることが多いです。

最後の最後で勝ち切れるかどうかはサブウェポンにかかっています!

空前絶後のヒット作ポケモンGOを全速力で攻略中